So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

生田緑地ばら苑の秋のバラ その2 [川崎花散歩]

生田緑地ばら苑の続きです。
ピースという品種は、1945年にベルリン陥落を記念として命名されたというエピソードがあります。八重咲きの大輪花でこの品種を親としてさまざまな名花が品種改良により作られました。

「ピース」
FA2A3363.jpg
青空を活かして

よろしければ続きをご覧ください


nice!(11)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

生田緑地ばら苑の秋のバラ その1 [川崎花散歩]

天気が良かったので、午後から川崎の生田緑地ばら苑に出かけました。
ここは昔、小田急向ヶ丘遊園のばら苑だったところです。
2002年に向ヶ丘遊園が閉園となり、存続を求める市民の声が実り、川崎市が維持管理を引き継ぎ、「生田緑地ばら苑」として春秋に期間を定め開苑されています。

FA2A3267.jpg

よろしければ続きをご覧ください


nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

旧華頂宮邸の秋のバラ [鎌倉花散歩]

浄妙寺の石窯ガーデンテラスで遅めの昼食のあと、旧華頂宮邸まで足を伸ばしました。
竹の寺として有名な報国寺の前を通り過ぎ、さらに進んだ谷戸の奥にあります。
閉館間際だったので、ほとんど人は来ていませんでした。

FA2A3234.jpg

旧華頂宮邸(きゅうかちょうのみやてい)は、昭和4年の春に華頂博信侯爵邸として建てられたものです。
県内にある戦前の洋風住宅建築としては、鎌倉文学館ととともに最大規模の建築物です。

よろしければ続きをご覧ください


nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

浄妙寺の石窯ガーデンテラスにて [鎌倉花散歩]

休日の隙間の時間ができたので、妻と待ち合わせ鎌倉の浄妙寺へ。
この時期花はありませんから、お目当は石窯ガーデンテラスのランチになります。
そうはいっても、まずは本堂へお参り。
FA2A3070.jpg

よろしければ続きをご覧ください


nice!(17)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

鎌倉のタイワンリス [動物]

鎌倉では、リスを見かけますが、そのほとんどは外来種のタイワンリスです。
原産地はその名の通り台湾で、全身が灰褐色。ニホンリスよりも一回り大きく、耳がまるく小さく、尻尾が長くて太いのが特徴です。

鎌倉で花の撮影をしているときに、このタイワンリスに出会いました。
FA2A2866.jpg

よろしければ続きをご覧ください


nice!(11)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

宝戒寺の萩と芙蓉、妙隆寺の芙蓉 [鎌倉花散歩]

10月12日に伊豆半島に上陸し関東地方を縦断し、各地に大きな爪痕を残した台風19号。
河川の氾濫や土砂崩れ、突風による家屋の損壊、停電などが一夜明けて次々報道されています。各地の被害がこれ以上大きなものにならないよう祈るばかりです。

さて、久しぶりに鎌倉の記事を。
鎌倉の写真教室で訪れた宝戒寺。
10月初めでしたが、参道に白萩が咲き残っていました。
FA2A3002.jpg

よろしければ続きをご覧ください


nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

浄慶寺の彼岸花 [川崎花散歩]

川崎市麻生区の浄慶寺を訪れました。
天正10年(1584年)に三井左衛門尉が開創したといわれる浄土宗の寺です。
地元では紫陽花の名所として知られていますが、秋にはたくさんの彼岸花を楽しむことができます。

FA2A2717.jpg

よろしければ続きをご覧ください


nice!(14)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

西方寺の萩、彼岸花、揚羽蝶 [横浜散歩]

今年の彼岸花は見頃を迎えるまでだいぶ時間がかかりました。
彼岸花の名所ですっかり有名になった港北区新羽町の西方寺。
9月30日にはある民放の「グッド!モーニング」という番組で、気象予報士依田司さんが生中継を行なっていました。

IMG_5950.jpg

西方寺では萩も見ごろを迎えていました。

よろしければ続きをお読みください


nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

西方寺の彼岸花 [横浜散歩]

彼岸花で有名な港北区新羽の西方寺。
今シーズンは3回通いました。3度目に訪れた時が満開でした。
参道の手前には赤い彼岸花、その先には白と黄色の彼岸花が色ごとに植えられています。
FA2A2570.jpg

よろしければ続きをご覧ください


nice!(25)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

彼岸花と揚羽蝶〜西方寺 [横浜散歩]

彼岸花の様子を見に、港北区新羽の西方寺へ。
山門前の白と黄色の彼岸花は、例年だとお彼岸前に満開になるはず。
花時を逃すまいと少し早めの偵察です。

残念ながら訪れた日には花はまだまばらでした。
FA2A2462.jpg

よろしければ続きをご覧ください


nice!(11)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -